暖かく快適な住まい普及の為の奮闘記


by ms-matu

今後の更新について

今後の更新についてはhttp://www.ms-matsunaga.jp/boyaki/にて行いますので引き続きご愛顧よろしくお願いします。

㈱マツナガHP
[PR]
# by ms-matu | 2014-12-11 07:36 | Trackback | Comments(0)
先週の28日に研究会の現場見学会を開催しました。
今回はコンクスハウジングさんのパッシブ換気を採用したモデルハウスを含めたモデルハウスを2棟見学させて頂き、その後熊井戸社長による「提案型モデルハウス&ショールームとは?」というテーマで講演いただきました。
d0092413_08552395.jpg
一番家にいる女性を中心にした女性目線での提案がテーマで、様々な気付きがあった勉強会になりました。モデルハウスで実践された提案を見てからセミナーで話を聞くことで、 いかに提案が大切かを感じることが出来ました。
パッシブ換気もバッチリ働いていて、建物全体が温まることによる快適感も感じられ、逆に建物全体が温まると20℃ちょっとの温度では少し暑く感じるくらいです。
ソーラーウォーマーも元気よく動いていて天気のいい日は暖房いらずとの事です(^O^)/

ご興味の有る方は是非コンクスハウジングさんのモデルハウスを訪れては如何でしょうか?いつでもご覧になれます。

勉強会の後は忘年会を兼ねた懇親会で盛り上がり活発な意見交換が出来ました。


㈱マツナガHP
[PR]
# by ms-matu | 2014-12-01 08:58 | パッシブ技術研究会 | Trackback | Comments(0)
先日の北欧出張の際に得た北欧の事情の一つとして下記の情報を得ましたのでご案内します。
国によって色々差はありますが、スウェーデンにおける温暖化防止の為の取り組みです。

大きな流れとしては世界的に同じですので日本でも参考になりますね。

Miljöcertifiering ( Sweden Green Building Council )
スウェーデングリーンビル会議

1. 現在は250件/年程度の認定だが、5年後には2000件/年になる見込み
2. 将来この認定の無い貸しオフィスなどの建造物の売買は国際的にも不可能になる。
3. 認定にかかる費用よりも 認定を受けることによっての建造物の価値上昇の方がが大きい。
4. 現状では新築建造物が認証対象だが将来的には既存建造物も手掛ける。
5. 技術の進歩で認証基準は毎年更新される。
6. 第3者専門会社が認定に関与していて建造物のデザイン、換気システム、暖房 システムそして電機システム等の詳細も検査するため建造物の全般的かつ総合的 な 判断がなされる。
7. Swedeb Green Building Councilは2009年にスウェーデンの企業や同業者組合 13社で発足した。
8. これらの活動は単一建造物に認定だけではなく都市開発、地区開発などの分 野でも エネルギー伝達システム、公共広場、騒音そして公共交通手段などをも 考慮 した地域認定に発展している。
9. スウェーデンでは第3の都市( MALMÖ)マルム市のマストヒュ-セン (Masthusen)が英国 Building Research Establishment(BRE)によって2014年春に 環境地区認定を受けており第1例である。
10. 地方公共団体、市町村などの希望を考慮して1015年度末からSwedeb Green Building Councilでも地域認定を開始する予定。
11. Swedeb Green Building Councilでは認証対象の物件に合わせて種々の認証 を行っている。
12. EUとしてはEU Green Building Councilが存在してエネルギー使用、建材そ して室内環境を中心に認定が行われる。
13. 国際的には Breeam & Leedがエネルギー、建材、室内環境、水、建設に伴う ごみ、ビル管理、インフラ、通信そしてエコロジーとしての現地ごみ処理などを観点に認証が行われて いる。

環境に配慮したプロジェクトの例
1.Tele2 Arenaストックホルム郊外に出来たサッカー競技場で自然環境に配慮 した建材とその耐久性で金賞認定された。
http://www.google.co.jp/search?q=Tele2+Arena&newwindow=1&client=firefox-a&hs=veI&rls=org.mozilla:sv-SE:official&channel=sb&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=Aig5VPH-BeWhyAOZ4oHAAw&ved=0CEcQsAQ&biw=1334&bih=829&gws_rd=ssl

2.NationalMuseum、1866年建造のストックホルム王宮前にある国立美術館で Swedeb Green Building Councilの創始メンバーであるスウェーデンの大手建設 会社Skanska(スカンスカ)が2014年8月着工、総工費70億クローナ、時価143億 円で2017年夏の完成を目指す。
http://www.nationalmuseum.se/sv/Om-Nationalmuseum/

3.スウェーデンの第2都市Göteborg(ゴーテンブルグ)では駐車場の無いマン ション100件をシャルマーゴーテンブルグ大学、ヨハネスブ ルグサイエンスパー クそしてゴーテンブルグエネルギーが共同プロジェクトとして駐車場の代わりに 公園や集会所を完備、電気自動車と自転車のシェア プールも完備2016年春の完 成を目視する。
http://www.riksbyggen.se/Ny-Bostad/Aktuella-projekt/Vastra-gotaland/viva/Om-Projektet/

4.スウェーデンの第3都市マルム郊外のAlnarp(アルナープ)農業大学はプラン ト研究の為に35の独立した環境調整可能なラボを持ってい る。施設の老朽化に 伴って今回2016年の完成を目指して延べ床面積1100㎡の温度、湿度、光そして換 気率を独立制御可能な最新式のラボに立て 直す。このBioTour(バイオタワー) と命名されたラボではラボ内の冷房で発生する熱源を異なったラボの暖房に再利 用する。
http://www.slu.se/en/faculties/ltv/about-the-faculty/odlingsenheten1/biotron/

㈱マツナガHP
[PR]
# by ms-matu | 2014-11-05 11:35 | 家づくり情報 | Trackback | Comments(0)
全16箇所の巡業も9月末で11箇所終わり残り5箇所残すところとなりました。
今回は自分自身にとっても勉強になるいい機会を頂きました。
一人で4時間話すという経験がなかったので、やってみて結構ヘビーなんだなと初めて気づきました。
なので3連チャンは結構きつくて終わるとヘロヘロになっています^^;

来年から完全施行される平成25年基準のベースは、この自立循環型住宅にあります。
どちらも住宅で使用されるエネルギー全ての評価を行います。
住宅で使用されているエネルギーというと難しそうに聞こえますが、暖房・冷房・換気・給湯・照明の5つ(評価はしませんが家電もあります)しかありません。これに創エネ(発電)を組み合わせて評価します。この使用エネルギー^と創エネを足し引きして0になれば0エネルギーなのです。
d0092413_18564765.jpg
なのでなんと家の燃費計算も出来てしまうのです。
設備による省エネでもエネルギー使用量は減らせますが、勉強すればするほど建築的手法が大切なことがよくわかります。また建築的手法は設備と違い最初にやれば壊れませんので一生効果を享受できます。

そういった点を是非工務店さんに取り組んでもらいたいと思い少しでも興味を持ってもらうように、そして折角講習を受けに来て頂いているので役に立てればと最後の11月11日の新潟まで頑張りたいと思います。

PS,ブログさぼり気味で少し時間立ってしまいました^^;

㈱マツナガHP
[PR]
# by ms-matu | 2014-10-20 18:39 | プロフィール | Trackback | Comments(0)

9月勉強会

26年度第一回勉強会を9/18池袋明日館で行いました。(報告が遅くなりました^^;)
今回は立ち見が出るかと思わるくらい申し込みがあり、定員一杯での勉強会を開催出来ました。
パッシブ技術の関心の高さの現れでしょうか?
d0092413_18373734.jpg

第一部は北海道大学の菊田先生による講演で、北海道で実績のあるパッシブ換気についての実態調査から効果と特徴・良さについての話から、再生可能エネルギーの活用として太陽熱給気の効果が大きいことや薪ストーブの測定でパッシブ換気の空気循環がきちっとされているといった研究についての解説がありました。
d0092413_18364800.jpg
第二部では工務店さんにとって苦手な分野である「ローンの知識」について講義があり、家づくり以外の知識についても重要だと言う事を認識できたとても内容の高い勉強会になりました。



㈱マツナガHP
[PR]
# by ms-matu | 2014-10-16 18:24 | パッシブ技術研究会 | Trackback | Comments(0)

省エネルギー行動研究会

d0092413_18095094.png先日BECC JAPAN 2014に参加してきました。
省エネルギー行動研究会http://seeb.jpといい海外ではもう数年開催されている研究会らしいのですが日本では第一回目だそうです。
どのような研究会かというと

Behavior=ふるまい Energy and Climate Change =エネルギーと気候変動

の略でいわゆる省エネ行動に関する研究のことです。
一般的に省エネというととかくハード面が中心で、制度や製品の対応はされているのですが、Behavior人間の行動や意志決定も省エネにはとても大きな影響を及ぼす事なのです。
以前省CO2先導事業で建築された建物で実績報告で、先導的な建物であるのにもかかわらず普通の家よりもエネルギーを使っているような事例もあり、正しく使わないといいものも効果が得られないのです。
うちエコ診断でも行動ー例えばシャワーを3分短く使うといった事でも省エネにつながります。

今回のセッションで興味を引いたのは、前先生によるミドルマンの存在が重要ということ。ユーザーが物やサービスを選ぶ時に省エネな製品やサービスを選ぶように適切にアドバイスする人の存在が重要ということです。建築で言えば例えば設計者になるでしょうか?まさに我々が関与できるポジションに居るのだと思います。
また、今回幾つかのセッションでHEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)についても発表されていましたが、この機器最初は興味を引くのでそれなりの省エネ行動を起こすため効果を発揮するのですが、すぐ飽きてその効果がなくなってしまうとの事です。それどのようにして興味を持ってもらうか?ランキングにしたりポイントをつけたり情報サービスとして提供したりと様々な工夫を凝らした研究が行われていました。
それから技術の進化だな〜ととても感心したのは、スマートメーターの発展版で今の技術で電力の波形を読み取ることでどんな家電が使われているかまでわかるそうです。それを利用して高いHEMSをつけなくても電力の消費状況がわかることからそれを元に様々なサービスが展開できるそうです。家電の故障や異常まで発見出来る可能性があるそうです。
いかにユーザーにわかりやすく知らせる事でかなり効果が高い例の紹介もありました。

弊社でも取り組んでいる「家庭エコ診断」もそういった省エネ行動のきっかけとして有効な提案ができる一つの例といえます。ご興味有る方は是非受けてみませんか?

ご希望の方は下記URLから入り「その他連絡事項」にマツナガと記入下さい。
こちらからご連絡致します

https://www.uchieco-shindan.go.jp/2014/touroku/regist0.php?jimukyoku_id=186

「家庭エコ診断」について詳しくは下記URLからどうぞ。

http://www.uchieco-shindan.go.jp/

㈱マツナガHP
[PR]
# by ms-matu | 2014-10-15 18:22 | 情報・豆知識 | Trackback | Comments(0)
d0092413_17330040.jpg先日、フェイスブックで建築関係の人たちに話題になっていた
「戦後日本住宅伝説ー挑発する家・内省する家」という埼玉県立近代美術館で行われていた企画展に行ってきました。(〜8/31でもう終わってしまっていますが)

全部で16人の戦後の著名な建築家の16作品が展示されていました。とてもシンプルな展示なのですが、図面や模型、記録映像等をじっくり見ようと思うとかなり時間がかかる充実した展示になっていました。
私自身は建築設計をするわけではないのですが、そういった関わりも多く興味も有ることから非常に興味深いものでした。

戦後復興で、まず必要な住まいの供給を大きな目的にした時代から、高度成長を遂げ大きな社会的な変化によって、「住む」に焦点を当てて、建築家達がどう対応していったのか?まさにタイトルの通り「挑発する家・内省する家」という挑戦や表現を感じ取ることが出来ます。
それぞれの作品の説明がされていて、今でも十分通用する発想やアイデア考え方が散りばめられているように思いました。

16作品は、住居/丹下健三、コアのあるH氏の住まい/増沢洵、私の家/清家清、新宿ホワイトハウス/磯崎新、スカイハウス/菊竹清訓、塔の家/東孝光、白の家/篠原一男、水無瀬の町屋/坂本一成、虚白庵/白井晟一、松川ボックス/宮脇壇、反住器/毛綱毅曠、中銀カプセルタワービル/黒川紀章、原邸/原広司、幻庵/石山修武、中野本町の家/伊東豊雄、住吉の長屋/安藤忠雄。

本も「戦後日本住宅伝説ー挑発する家・内省する家」というタイトルで
販売されていますので行けなかった方でもご興味有る方は購入されるといいと思います。
私も購入しました。
d0092413_17331645.jpg

㈱マツナガHP
[PR]
# by ms-matu | 2014-09-25 17:33 | 家づくり情報 | Trackback | Comments(0)

d0092413_17092606.png2014年度日本建築学会大会(近畿)に太陽熱利用と蓄熱で共著での発表があったので(発表は私ではありませんが)久しぶりに参加して来ました。

今回は断熱改修、自然換気を中心にセッションに参加してきましたがいずれも立ち見の超満席。部屋が小さいせいもあるかもしれませんが関心の高さを感じました。

こういう場ではそれなりの先生方が集まっていますので、おそらく「突かれたくないだろうな〜」っと思う所にズバッと質問が飛んできます。久しぶりにとても刺激になりました。
ただちょっと感じたことは、だんだん昔の元気(発表者にとって嫌な?)な先生(笑)が減ってしまったような感じがしましたね〜〜。

来年は久しぶりに今年測定予定のテーマで発表しようと改めて思いました。

㈱マツナガHP
[PR]
# by ms-matu | 2014-09-23 17:10 | プロフィール | Trackback | Comments(0)

家庭エコ診断

本年度も始まりました家庭エコ診断。
各家庭のライフスタイルに合わせた省エネ、省CO2対策を提案するサービスを提供することにより、受診家庭の効果的なCO2排出削減行動に結びつけるもので、環境省では、この家庭エコ診断を全国的に展開し推進していくため、2014年度に家庭エコ診断制度を創設し、家庭部門での地球温暖化対策を進めています。家庭エコ診断制度は環境省のガイドラインに基づき、制度運営事務局により運営されています。
家庭エコ診断では
1,エネルギー消費状況の把握
2,CO2輩出内訳の分析
3,分野別対策検討
の3つの事がわかります。

弊社でも25年度から取り組んでおり、診断士が2名おります。
ご希望の方は是非下記までお気軽にお申込み下さい。
その他連絡事項にマツナガと入れて頂ければこちらからご連絡申しあげます。

ちなみに家庭エコ診断がどんなものかは下記Pを参考下さい。

㈱マツナガHP
[PR]
# by ms-matu | 2014-08-25 09:54 | 情報・豆知識 | Trackback | Comments(0)

東海道2014④

3日目5月5日

いよいよ3日目。今日は昼ころから雨が予想されたため7時過ぎの少し早めの出発です。
豊川にかかる豊橋。いざ御油まで雨がふる前にいざ歩かん!!
d0092413_16063440.jpg
途中で見つけた瓜郷遺跡。弥生時代の集落跡。唐古遺跡や登呂遺跡とともに弥生時代の低地に有る遺跡の一つとして貴重なものだそうです。写真は弥生時代の竪穴住居を復元したものです。
d0092413_16085865.jpg
またまた一本道をひたすら歩きます。
d0092413_16114184.jpg
なんと結構長い橋なのに歩道がありません。とても歩きづらいです。
d0092413_16330373.jpg

御油宿に入る丁度手前で雨が降り始め今回はここまで。
d0092413_16235389.jpg
次回はこの次の宿赤坂宿にある、なんと往時のおもむきのまま旅館として営業されている大橋屋旅籠に宿を取る事を楽しみに次も頑張りたいと思います。







㈱マツナガHP
[PR]
# by ms-matu | 2014-08-23 16:04 | 東海道 | Trackback | Comments(0)